サムライガチインターン

インドの実践型インターン!|インドのIT都市「バンガロール」学ぶ

 

世界有数のITコンサル「インフォシス」オフィス

 

インド=過酷というイメージがありませんか?本プログラムは、気候が穏やかなインドのシリコンバレー「バンガロール」でインターンシップを行います。皆さんが持つインドのイメージと異なる先進的な都市です。

 

サムライカレープロジェクト(インド)バンガロール風景

バンガロールはインドのシリコンバレーと呼ばれています。

これから、日本は少子化が進み、人口減少が避けられません。日本の大企業はアジア、インドなど人口が増える国を中心に市場開拓しています。特にインドは、ITを中心としたテクノロジー人材、企業の宝庫であり、インドでのインターンシップ経験は就職・転職で大きく評価されます。

《このページの目次》

◆サムライガチインターン(インド)とは?

◆インターンの舞台「バンガロール」について

◆インドインターンで身につくこと

◆2部構成成り立つプログラム

◆インターン受入先企業について

◆安心して参加できる理由

◆サムライインターンが一般的なインターンと違う理由

◆お問い合わせ先

 

サムライガチインターン(インド)とは?

《動画で分かるインドプログラム》

 

サムライガチインターン(インド)は、弊社スパイスアップ・ジャパンが、NEC、JR東日本、ハウス食品、日清食品など日本の大手企業社員に提供している海外トレーニングと同内容のものです。日本人トレーナーによるトレーニングとなります。

インドプログラムの特徴について

・日本人が想像するインドよりも、はるかに快適な環境でチャレンジできる!

・研修→インターンとステップを踏むから、誰でも安心して経験が積める!

・インド企業で、インド人と、インド人のために仕事をしたと、自信を持って言える!

 

サムライカレープロジェクト(観光賞特別賞)若旅

観光庁長官と写真をとる創業者2人

・観光庁(若旅)受賞のプログラム

当プログラム(インド)を含む、サムライカレープロジェクトは、観光庁からの表彰をはじめ、たくさんのメディアで紹介され、多くの企業と提携をしている優れた研修プログラムです。

インドインターンの体験談はこちら↓
 
 
 
 

◆インターン(インド)の舞台「バンガロール」について

 

 
世界のIT企業が集まる都市「バンガロール」

インド・バンガロールは米国のIT企業のシステム開発の下流工程を請け負うオフショア拠点として発展してきました。マイクロソフト、Google、Amazon、オラクルなど名だたるIT企業が拠点を置いています。標高がやや高い位置にある為、気候も穏やかで過ごしやすいのが特徴です。

 

 

バンガロールにはインド国内から有能なIT人材が集結し、ビッグデータ、AI、IoT、ブロックチェーン技術関連のインド発のスタートアップが続々と立ち上がっています。そんな盛り上がりを見せるインド・バンガロールに滞在して企業経験やビジネス経験を学ぶ事ができます。

☆バンガロールなら大丈夫!

・先進国のような街並み
・8月でも30℃を超えない快適な気候
・欧米、アジアの人たちが多数在住する人種のるつぼ

 

◆サムライガチインターン(インド)プログラムで身につくこと

 

・課題発見、分析、提案力
現地企業責任者に現状䛾課題を聞き、その問題解決策を提案します。短時間で課題䛾本質を分析し、解決策をデータに基づいて提案する力が身につきます。
 
・現地人とのコミュニケーション力
課題解決䛾ため䛾データをとるため、現地䛾人たちへ䛾ヒアリングやアンケートを行います。彼らと触れあいながら、コミュニケーションをとる方法を身につけて頂きます。
・現地人スタッフとの協業力
インド企業に入り、現地スタッフと仕事をします。仕事を分担し、自分から仕事を探します。インド人スタッフの中で、役に立つ方法を考え、行動できるようになります。
 
⇒ インドでインド人と仕事をしたという自信が、あなたを大きく成長させます!インドでこんなことができたら、世界中どこでも活躍できます!

 

インドインターンは2部構成で、成長を応します。

1)ミッション型プログラム

1週間の研修プログラムで、外国人と働くのに必要な基礎力を身につけていただきます。

2)インド企業プログラム

1週間以上のインド企業インターンシップで、インド人が大多数を占める企業で仕事をしていただきます。

1)ミッション型プログラムとは?

本プログラムの前半1週間は、単体でも多くの企業が受講している「ミッション型インターンシップ」を受講していただきます。

サムライカレープロジェクト(ミッション型インターン)

 

ミッション型インターンは、短期間に現地企業のビジネス課題を解決するプログラムです。毎日出される経営課題(ミッション)をクリアするこ導入しているとで、海外で働くための基礎力を身につけることができます。

現地企業の社長・マネージャの方に現在のビジネス状況と課題をお話しいただき、その課題を解決するための方法を提案するというミッションを提示いただきます。

 

ビジネスマンとして必要な、ExcelやPower Pointの使い方から、ロジカルシンキングや英語プレゼンのコツ、就活講座まで、皆さんの進捗にあわせて、連日口座を開きます。

学生のみなさんはリサーチ、アンケートなどを駆使してこの課題解決に取り組むことで、海外で働くビジネススキル、マインドセットを身につけていただきます。

・ミッションの事例について

事業開発インドのサッカースクールの新規事業を提案せよ!

調査・行動内容インド人お母さんの意識調査、学校ヒアリング

1週間でインド人と話し、現地の課題を解決する方法を学び、それを使って2週目のインド企業インターンに入っていただきます。このプログラムは日本の大手企業76社(参加人数1029人)が受講しています。

 

採用企業一覧

2)インド企業プログラムとは

サムライカレープロジェクト(インド企業インターン)

 

インド企業インターンでは、原則インド人しかいない現地企業にインターンとして入っていただきます。ミッション型インターンシップでの学びを元に、以下の事を行ってもらいます。

インド企業インターンの真髄!

・インド企業に飛び込み、
・インド人スタッフと一緒に、
・インドのお客様の役に立つ業務を行います

事前に配属できる企業の一覧をお送りしますので、そこから第一、第二志望を選んでいただき、志望動機書を書いていただきます。企業内では、仕事を振ってもらうことも大切ですが、自ら社員に話をして、仕事をもらうことも大切です。積極的に動けば動くほど、様々な仕事が体験でき、成果も多くなっていきます。

受け入れ先企業について

 

サムライカレープロジェクト(受け入れ先企業)

前年度の受け入れ先企業になります。

バンガロールのIT、AI、ディープラーニングなどの世界最先端の技術を持つ会社から、法律、人事系の会社、インテリアデザインなど、多数の会社からお選びいただきます。

 

ついていけない・・・と感じた場合は?

属された会社のレベルが高すぎてついていけない‥という場合には、我々のスタッフに言ってください。できるだけ早く、配属先を変えるなどの対応をとります。

 

日本人経営者、日本人スタッフが運営する語学学校です。

 

また、インド人の中だけで働く事難しいと感じた方は、弊社が運営する英語学校「Spiceup Academy」で、日本人マネージャの下、インターンをしていただくこともできます。


◆安心して参加できる理由

インドプログラムはクオリティーの高い宿泊施設に泊まれる事、またインターンシップ期間を通して日本人講師が常駐している為、安心して参加できます。

 

(その1)宿泊先は三ツ星ホテル

 

エアコン、ホットシャワー、wifi完備のきれいなホテル宿泊なので、業務の後はゆっくりくつろげます。※写真は2018年2月プログラムで使用したホテル、Casa de Bangalore

(その2)日本人スタッフが対応

週間目のミッション型インターンシップの講師はもちろん日本人です。2週間目のインターンシップ中も日本人講師が常駐しています。困ったことがあれば、いつでもご相談下さい。

 

 

◆一般的なインターンとサムライインターンの圧倒的な違い

何故、サムライインターンは就活・転職に強いのか?その答えは、インターンで得られる「実績」と「学び」の深さにあり!

 

 

 

 

☆特にインドでのサムライインターン経験は「最大の武器」になる!

 

 

これから少子高齢化する日本では、途上国に市場を求めるしかありません。特に、人口規模が絶大な「インドでの研修経験」は、就活・転職では大きな武器になります。海外インターンの重要性について上にまとめてみました。

 

皆さんのご参加をお待ちしています

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© インドの実践型インターン!|インドのシリコンバレー「バンガロール」で学ぶ All Rights Reserved.